新着情報

真剣に眠りを考えよう

人間は眠ったり立ったりを繰り返し、じっとしていることはありません。そのため、同じ姿勢を取り続けることの怖さを意外と知らないのです。特に眠っていると6~8時間程度横たわっていることになるので、健康への影響は大きいです。

快適な眠りを演出する寝具たち

敷布団

身体を直接支える敷布団ですから、例えマットレスを下に敷いていたとしても真剣に選びましょう。柔らかいと気持ちよく感じてしまいますが、硬めを選ぶのがコツです。他にも夏なら通気性の良いものに変えるなどの工夫が必要です。

首から頭にかけての湾曲を見ていると、首は決してまっすぐではないことが分かります。そのため、できるだけ首の形に合った形状のものを選ぶようにします。実はそれだけでなく、敷布団の硬さによっても変える必要があるものなのです。

掛け布団

寝心地を良くするための寝具といえば掛け布団は重要な存在となります。姿勢を直接治すことはありませんが、できるだけ軽いものの方が良いです。重いと寝返りも打つことができませんし、素材によっては重くても保温性がないものもあります。

シーツやタオルケット

布団や掛け布団のシーツは季節によって変えやすいので、重宝します。古くなるにつれて肌触りも変わっていきますので、定期的に変えるようにしましょう。タオルケットはシーツとして使う人もいて、サラサラした手触りが人気です。

健康を約束してくれる

横になる女性

細部まで考え抜かれている

通常の寝具も寝心地が良くなるように通気性については考え抜かれていますが、体圧分散の敷布団やモットンといったマットレスはもっと健康や、寝る際の身体にかかる圧力について考えています。そのため、体圧分散型の敷布団の構造を見ると、凸凹していることがわかるのです。この凸凹があることによって、身体の重みが腰や肩に集中しなくなります。

寝返りが打ちやすくなり減る

人間は身体の痛みを減らすためにゴロゴロと寝返りを打ちます。寝心地が良い敷布団やモットンのようなマットレスを使うことによって、寝返りは徐々に減っていくといわれているのです。それによって、
・ストレートネック
・慢性腰痛
・肩こり
・身体のだるさ
以上の症状が軽減します。寝具を変えるだけで問題が解消するなら、寝具を揃える値段など安いものです。

[PR]

むくみ対策の方法を詳しく紹介
原因も一緒に知っておこう モットンの敷布団がベスト!
腰痛を抑えられる★

[PR]

広告募集中